アルコール依存症について記載しています。アルコール依存症は薬物依存症の一種です。つまりアルコール依存症は病気なのです。ただし、世の中にはアルコール依存症に対して間違った認識を持った人が多いようです。お酒が好きで毎日欠かさずに晩酌をする人や、人よりも飲酒量が多い人をアルコール依存症と勘違いしている風潮があるのです。

アルコール依存症とは精神的なストレスや体調不良から逃れるためにアルコールを昼夜の別なく常飲している人で、アルコール無しでは生きて行く事さえ困難に思えている状態の事なのです。

アルコールの受容量には個人差が大きく、アルコールを分解する酵素が生まれつき多い人は飲酒量が多くても平気な場合があります。したがって多少人よりも飲酒量が多い、日常的にアルコールをたしなんでいる、こういう人はお酒と上手に付き合っているのでアルコール依存症とは言いません。

またお酒を飲み慣れていない人や下戸の人が大量飲酒で急激に体調を崩すのは急性アルコール中毒でアルコール依存症とは別の症状です。アルコール依存症になると社会生活を営む事が出来ずに生活破綻者や浮浪者になってしまうと言うのもアルコール依存症の一つの側面しか見ていません。

実はタバコと一緒で、日常生活を普通に送っているアルコール依存症患者の人も居ます。こういう人はアルコールが切れると急に性格が変わったかの様に暴れだしたり、手足が震えてきたりしますが、アルコールを飲んでいるうちは精神的にも落ち着いているので、一見するとそれとは分からなかったりします。

しかし、放置しておいてはやがて社会生活を全うに送る事ができなくなってしまいます。人間の身体はアルコールに対して耐性を示します。最初の頃は少しの量でも酔っぱらっていたものが少しずつ飲酒量を増やして行けば、次第に酔うという感覚を覚えなくなってくるのです。生まれつきアルコールを分解する酵素が少ない人もいますが、多くの人の場合、少しずつアルコールに強くなって行くように感じるのです。

こうしてやがて、アルコールを飲んでいないと落ち着かない、体調が悪くなる、精神的に追いつめられるという症状が出始めると治療が必要になります。これがアルコール依存症なのです。潜在的なアルコール依存症患者は年々増えてきていると言われています。このサイトを通じてアルコール依存症についての正しい知識を身につけ、楽しくアルコールと付き合える様になりましょう。